PC小技

外出先でパソコン操作。テザリングの通信量の抑え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリック応援お願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

テザリング時における注意点

外出先でパソコン操作が必要なビジネスマンも多いと思います。
ホテル、カフェ、新幹線の中、昨今は、色々な所が「職場」になります。

そんな職場で必要になるのが、インターネットですね。
外出先でインターネットを利用するには、

カフェのWi-Fi、ホテルのWi-Fi、空港などの公共施設があります。

ただし、ここで気を付けなければいけないのが、
Wi-Fiスポットのセキュリティ性です。

決して社内の重要文章をカフェなどの
フリーWi-Fiにつなげてやりとりするべきではありません。

セキュリティ性のお話は別の機会にすることとして、
皆さんは、どのようにインターネット環境を実現していますか?

私自身も外出先でパソコンを使ってブログを書くことがありますが、
その時に使うインターネット環境は、iPhoneのテザリングです。

ワイマックスなども一切持っていなくて、
ただ、ひたすらテザリングで行っています。

しかも私のiPhoneはパケット使い放題ではなくて、DMM mobileという定量性のmvnoを使っています。

環境的には….
パソコン + iPhone(DMM)だけです。

これだけで、けっこう快適な環境を実現できています。
ただ、気になるのは、テザリングにおける通信量です。

私の場合は、通信量を抑えるために、いくつか工夫していますので、
そのポイントを紹介させていただきます。

と、その前にそもそもテザリングとはなに?
という方のために簡単に説明をします。

パソコンがありますね?

パソコンとiPhoneをWi-FiやBluetoothe、
またはusbケーブルで接続します。

これでパソコンとiPhoneが接続されましたね?

次にiPhoneと基地局をつなぎます。
これで携帯電話の基地局からパソコンまで
インターネットにつながることになります。

iPhoneで契約している電波(ドコモ、au、dmmなど)を使って、
パソコンでインターネット操作をする事を言います。

これがテザリングです。
それでは話を戻して、テザリング時のポイントをお伝えします。

1.テザリングをする時に立ち上げるアプリ

iPhoneでテザリングをする時は、必ず通信量可視化アプリを立ち上げます。
このアプリを立ち上げてからテザリングすることによって、
自分がどれだけの通信を行っているかを視覚的に確認できます。

こちら

2.データーセーバーを起動します。

次にパソコン側の設定をします。
GOOGLE CHROMEというブラウザを使って、インターネットをする場合、
データセーバーというアドオンがあります。

これをオンにしてからパケット通信を行うと、
無駄な通信を抑えることができます。

なお、ワードプレスを利用している人は、
このデータセーバーを起動していると、

時々、おかしな動きをする時があるかもしれません。
その場合は、データセーバーの機能をオフにしてください。

スクリーンショット 2016-04-08 21.28.15

クラウドサービスの同期作業をオフにする

ドロップボックス、エバーノートなどは、
インターネット回線があると、勝手に同期作業を繰り返してしまいます。

自宅で使い放題であれば、ありがたい機能なのですが、
限られたリソースの中で行うには、かえって邪魔な機能になってしまいます。

クラウドサービスを使いたくなったら、ポンとアイコンを押すだけですから、
とくに手間等もありませんので、不要な同期作業をオフにしておいた方がいいと思います。

以上、テザリングにおける通信量を減らすポイントでした。

私は、通信制限時にも「緩い制限」・バースト機能を気に入っています。
バースト機能については、下記のページをご覧ください、

こちら

今日もありがとうございました。

あなたのビジネスに、新しいスイッチが入りましたか?
よろしければSNSでシェアをお願いします。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*