情報共有(クラウド)

ITサービス

Evernote(エバーノート)の使い方

Evernote(エバーノート)の使い方、活用術を紹介。全10記事に渡り、初心者向けに特集記事を公開。ノートブックとノートの違い、タグの活用方法、OCR機能、ノートの共有方法など、基本的な使い方を紹介しています。

ITサービス

エバーノート(Evernote)でPDFを管理しなければいけない理由

エバーノートでPDFを管理するメリットを説明しています。エバーノートは、PDFやオフィスファイルなど、ファイルの中に書かれている情報を検索できます。これは、他にあるタイトルのみを検索対象にする機能とは異なるものです。自分が求めているファイルをより的確に探し出せます。

ITサービス

【Evernote】 タグの仕組みと設定方法

エバーノートのタグの考え方を説明。タグは、情報を横断的に検索するための「かんばん」の役割があります。この看板をどのようなタイトルにするのか、どのようなルールで看板をつけるのかは、すべて社内の運用ルールによります。

ITサービス

エバーノート(Evernote)三つの画面構成。

エバーノートのクライアントソフト操作画面の説明です。左列、センター、右列の内容は、全て連動します。左列、ノートブック、タグなどを表示。センターでノートブックの中身の確認。右列でノートの中身が表示されます。「三画面同立」が基本です。

ITサービス

似ているようで違う!エバーノート(Evernote)とドロップボックスの使い分け

エバーノートとドロップボックスの決定的な違いについて紹介。両サービスには一長一短があり、それぞれの特徴をいかした使い方をお勧めします。ドロップボックスのファイル管理機能はピカイチ。他方、エバーノートは、繊細な書類管理を得意としています。