格安スマホ

スマホや携帯電話の本体代金が残っていても格安スマホに乗り換えるべき?(途中解約)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリック応援お願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

本体代金を割賦契約で支払っている場合に解約をしたくなったら考えること

結論から言います。

[char no=1 char=”Masa.”>こちら24か月以内に乗り換えてもメリットがあります。
ただし、機種の残金や違約金が発生するので、十分な計算が必要です。[/char]

24か月、実質無料の携帯大手三社(キャリア)のマジックはすごい。
実質の言葉に騙された方は、携帯電話本体のお金を支払う必要が義務があるのかを知らない人までいます。

このような実質マジック(月々割り)によって長期契約を余儀なくされている人が、契約の途中でMVNOに乗り換えたくなった場合に、「途中解約してまで乗り換えるメリットがあるのか」を計算してみます。

携帯電話やスマホは、ローンで購入していると認識

まずは、割賦契約の実態をしっかりと認識をして、自分が契約をした料金プランは、電話機本体を借金で購入している事を自覚します。

この自覚ができていないと、
実質ゼロ円~といった「トラップ」に引っかかる可能性があります。

機種はゼロ円ではなく、
携帯会社がうまく考えた仕組みで

見えなくなっている借金」だと考えます。

見えなくなっているだけだからこそ、
24か月以内に解約をしようとすると、

機種代金が一括請求されるんですね。

機種代金の残金を支払ってまで途中解約をするべき?

では、上記のことを踏まえて考えたいと思います。

機種代金を見えなくしている魔法は、
携帯大手三社が導入している月々割りや月々サポートです。

これのおかげ?でスマホを
無料でもらえたと勘違いしてしまう人が多いです。

もちろんそういうことではなく、
機種代金を24か月で割って、

割った金額に相当する金額を
”機種代金とは別の料金(通信代金など)”から引いてしまい、あたかもスマホ代が無料であるかのように見せる仕組みです。

これが月々割の正体です。

では、機種のお金が支払い終わる24か月後はどうなるのかというと…..

この月々割りの部分が消えてしまい
本来の請求額に戻ってしまいます。

つまり、24か月目までの請求と、
25か月目以降~の請求に違いは生まれません。

決して機種のお金を払い終わったから
安くなるということではないのです。

これが良いのか悪いのかは別として、
契約者としては、24か月を我慢すれば、

スマホの機種は、自分の物になります。
しかし、このスマホには、シムロックがかかっています。

では、この記事の本題です。
もし、24か月になる前に解約をしてしまうと…

機種の残額と料金プランの解約金が発生することになります。

この二つのお金を支払ってまで
MVNOに乗り換えてもメリットがあるのか?
」ということですが、

これを計算したいと思います。

計算例:

本体価格80000円、24か月間で支払い完了するプランです。

機種代金、パケット代金、通話代金、
月々割りなどが行われても毎月8,000円くらいの請求になっているとします。

今、12か月目になりました。
この時点で解約をすると、

機種の本体代金の残り、40,000円と
料金プランの解約金10,000円の合計50,000円が一括請求されます。

この50,000円を支払いMVNOに切り替えました。
スマホは、解約した物を利用するようにして、

シムカードのみの契約です。
今度は、とにかくスマホにお金をかけないことを目標にして、DMM mobileと契約です。

これにより、月々の利用料金は、1600円まで下がりました。
もちろん、これには通話料が含まれていないので、仮に通話料をプラスして、3000円に収まるようになったとします。

そうなると、

旧携帯電話の契約プランが8m000円(あのまま契約を続けていると仮定)
新プランが3,000円となり、差額は毎月5,000円になります。

毎月、毎月5000円低い額で請求が来るわけですから、
前途の解約をした時に支払った50,000円を

この毎月当たりの削減額5,000円で割ると…

50,000/5,000=10

削減分岐点は、10カ月です。

bunki

つまり先ほど、12か月目で解約をしたわけですが、
解約(新規契約)をしてから10か月目の時点、
通しで考えると22か月目(旧プランに換算)の時点

月8,000円の契約をずっと続けているよりも、

12か月目に解約金と機種本体代金との合計額
50,000円を支払って、新しいMVNOに乗り換えた方

メリットがあると言えます。

結論:
例え、24か月以内の契約であっても
機種の本体代金と削減できる代金をしっかりと計算すれば、

十分に乗り換える決断をしてもいいと思います。

もちろん、今回の計算には様々な変動要素がありますので、一概には言えません。
あくまで参考程度にお願いします。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*