ITサービス

ホテル経営者必見。安心お宿秋葉原電気街店はすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリック応援お願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

利用者目線のホテルプランがすご過ぎる

宿

日本全国の旅館やホテル、民宿経営者の方は、ぜひ見ていただきたいホームページがあります。
東京・秋葉原にある「安心お宿秋葉原電気街店」です。

自社運営のホームページで集客に困っている人、旅行取次サイトからの集客が多くて困っている人たちは、参考になる記事だと思います。

インターネット上で旅行者が宿泊先を選ぶ場合、じゃらん、ゆこゆこ、楽天トラベル、トクー、トリバゴなどといった大手旅行代理店サイトを利用する人が多いと思います。

これら旅行取次サイトは、宿泊したい人と、宿泊してもらいたいホテルをマッチングするビジネスですね。
ホテルは、ウェブ集客が苦手な部分を「お金」を支払うことで解決ができるので、瞬く間に同じような旅行取次サイトが誕生しました。

最近は、各旅行取次サイトの情報を横断的に検索ができる「トリバゴ」なども誕生して、利用者にとっては、ますます価格を比較しやすくなった半面、比較されるホテルとしては、以前よりも厳しい状況に置かれることとなりました。

このような旅行取次サイトと紹介契約を結ぶときは、便利な反面、
知らぬ知らぬうちに自分の首を絞めてしまうことになりかねない事だと認識した方が良いと思います。

本来、自社ホームページ集客での売り上げ > 旅行取次サイトからの売り上げ

であるべきはずの所が、

自社ホームページ集客での売り上げ旅行取次サイトからの売り上げ

になってしまっている所が多いのが現実だと思います。

ウェブ集客は、すべて外注としてとらえて、紹介料を広告宣伝費として扱うのも一つの考え方だとは思います。
しかし、10件あるうちの2件や3件が自社運営のホームページからの売り上げとなれば、その分の仲介手数料を省けるという考え方もできるかと思います。

もちろん、自社運営のホームページから集客をするには、それなりに労力がいると思いますが、そんな現状の中でも、しっかりと自社運営のホームページから集客されている?
安心お宿秋葉原電気街店を利用者目線で分析してみました。

最初に断っておきますが、利用者目線で勝手に分析しているだけです。

安心お宿秋葉原電気街店とは?

東京の秋葉原でカプセルホテルを運営していて、秋葉原のほかにも新宿、新橋でも経営をされています。

このホテル、いわゆるカプセルホテルなのですが、ただのカプセルはありません。

24時間いつでもチェックインok

お昼寝サービス(仮眠カフェ)

クオカードやギフトカード付き宿泊プラン

ウコン付き宿泊プラン

ビール付き宿泊プランなど

アメニティに関する無料サービスもてんこ盛りなど、

利用者が求めている事を徹底的にリサーチして、宿泊プランに細かく反映しています。

詳細は、該当ページをご覧になって頂きたいと思います。
必ず役立つ情報が見つかると思います。

自社ホームページで集客できているのか?

ここから先は、私の勝手な見解によるものです。
実際の数値とは大きく異なる事を前提にご覧ください。

これは、●●ホテルの簡易アクセス解析を行った数値です。
赤枠に数値が書いてありますね?

およそ月間に45000人ほどがサイトに訪れているといえます。
滞在時間、ページビュー数からも「しっかり読み込まれている」事がわかります。

スクリーンショット 2016-05-03 20.38.24

この来訪者のうち、仮に0.5%の人が、宿泊予約をしたとすると、225という数字がでます。
これは、自社ホームページから毎月あたり、およそ200件の新規予約があることになります。

客単価5,000円だとすると、月当たり1,000,000円(5000*200)の売り上げ。

仮にこの100万円が、旅行取次サイトを経由した売り上げだとすると、ここから紹介手数料が引かれます。
紹介手数料がいくらなのかわかりませんが、仮に30%だとすると、およそ30万円が吹っ飛んでしまい手元に残るのは、70万円となります。

自社ホームページから集客した場合は、100万円の売り上げ。
取次サイト経由で集客した場合は、70万円です。

かなり単純な計算となりましたが、

自社サイトからの売り上げと、
旅行取次サイトからの売り上げ

とのバランスを保たないと、
貴重な売り上げの低減につながるといえます。

もし、昨年度より、20%増の売り上げにすると目標を決めた場合、
売り上げ自体を底上げするのは、なかなか難しいとは思いますが、

自社ホームページからの集客比率を上げることにより、取次サイトへの手数料を減らして、
手元に残るお金を増やすことはできます。これは、売り上げが増えたと同じだといえます。(実際は違います。)

旅行取次サイトが幅を利かせている旅行業界ですが、
ぜひ、自分たちの力でもウェブ集客にチャレンジしていただきたいと思います。

まとめ

今回は、安心お宿秋葉原電気街店を勝手に分析してみました。
かなり利用者目線の宿であることは間違いないと思います。
私も次回東京へ行く際には、お世話になろうかと考えています。

しっかりと自社ホームページで集客されている宿泊施設と、
旅行取次サイト経由で集客している施設とは、手元に残るお金が大きく変わってくることがわかりましたね。

自社運営による集客コストと、取次費用とのバランスを見ながら、
宿全体の売り上げを最大化できるポイントを見つけることが大切だと思います。

こちら

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*